Uncategorized

パソコンの目の疲れにおすすめのマッサージや日常生活の方法

疲れ目
Pocket

この記事では、パソコン(スマホなども含む)を使用したときの目の疲れについて紹介します。

私も日常的にパソコンを使用していますが、集中して長時間使用をすると目に疲れが現れます。

そこで、私自身の対策の意味も含めて目の疲れを解消する方法を取り上げます。

パソコンの目の疲れの原因

目の疲れ

パソコンを使うことによる目の疲れは「酷使」が原因です。

当たり前の話ですが、目を使いすぎると疲れてしまいます。

また、パソコンなどのディスプレイを長時間使うと、画面を凝視することからまばたきの回数も減ります。

まばたきの回数が減ると目が乾いた状態になりやすいです。

目の乾燥は疲れにも影響しますので、悪循環となるわけです。

この目を酷使した状態を「Visual Display Terminal(ビジュアルディスプレイターミナル)」、略称「VDT」と呼びます。

私も長時間に渡り画面と向き合って作業することがあり、思い当たる症状があります。

皆さんはどうでしょうか、特に事務処理がメイン業務である方は同様の症状を感じていませんか。

ブルーライトについて

スマートフォン(スマホ)の普及から「ブルーライト」についてよく聞くようになりました。

改めて、ブルーライトとは何かを調べ直しました。ブルーライトは名前の通り「青い光」です。

ブルーライトは太陽の光や蛍光灯からも発せられる光でもあります。

ただし、太陽光や蛍光灯の光は他の色も混ざることから白色に見えるわけです。

光は波のように伝わるようで、様々な光はそれぞれで波長が異なります。

ブルーライトは可視光(目で確認できる光)の中では最も波長が短いとされています。

波長の短い光は散乱しやすい特徴があります。

光が散乱すると眩しさや目のチラつきからピントを合わせることに苦労します。

また、ブルーライトのエネルギーの強さから目の疲れや肩や首回りのコリにつながっていくのです。

ブルーライトが体に及ぼす影響は眼精疲労だけではありません。

ブルーライトの刺激性から体のリズムが乱れやすくなります。

簡単に言うと、体が目覚めて活動的な状態になります。

よって、ついついしてしまう布団に入りながらのスマホ利用は睡眠の妨げといっていいでしょう。

目の疲れを放置すると全身の不調につながる

ブルーライトの影響で眼精疲労だけではなく、体のリズムを崩してしまうことがわかったと思います。

目の疲れを放置すれば、全身の不調につながっていきます。

1〜2日程度、ぐっすりと眠れば疲れ目やかすみ目は改善できることが多いです。

しかし、日々の忙しさから十分な睡眠時間の確保が難しいことも考えられます。

目の疲れを放置すると、目の筋肉の硬直が全身の筋肉に伝わって血行不良から肩こりをおこしやすくなります。

さらに、血行不良から頭痛や吐き気などまで進行する場合も考えられます。

症状がひどくなる前に、目の疲れをしっかりとケアする必要があるでしょう。

疲れ目を放置すると、目を動かす筋肉の硬直が全身の筋肉に伝わり、血行不良による肩コリや頭痛、吐き気のほか、軽い鬱症状にまで進行するケースもあります」
引用:疲れ目、放っておくと全身の不調の原因に|WOMAN SMART|NIKKEI STYLE

目の疲れから鬱(うつ)症状まで発展する可能性があるため、目の疲れを軽く考えてはいけませんね。

頭痛や吐き気など全身に何かしらの症状が現れたら、簡単に回復しないため医師による診察も必要でしょう。

目の疲れをとる方法【マッサージ編】

目の疲れを取る方法で最もお手軽なのは「マッサージ」でしょう。

気付いたときにケアできるため、症状の悪化を防ぎやすいです。

ここでは4つのマッサージ方法を紹介します。

こめかみ

こめかみのマッサージは頭痛や目の充血に効果的です。

3〜5秒ほど圧迫したら離す動作を数回繰り返してください。

私は目の疲れにより充血しやすいので、積極的に取り入れています。

眼球の体操

血行をよくするには眼球(目玉)の体操をしてみましょう。

上下左右にぐるぐると動かすだけの体操です。

1日に2、3回行うと血行促進につながりまます。

目頭(めがしら)

目の疲れを感じたら取り入れて欲しいのが目頭のマッサージです。

もしかすると無意識に目頭を押してマッサージしている方もいるでしょう。

2〜3秒ほど圧迫して離す動作を何回か繰り返してください。

目の周りの骨の下

頬骨より少し上部にある骨(目の周りの骨の下)に沿って指圧を移動させるマッサージも効果があります。

指で押すときはあまり強くならないように注意してください。

番外編・蒸しタオルを目の上に乗せる

マッサージではありませんが、蒸しタオルを両目の上に被せるように乗せるのも有効です。

気分的にもスッキリしたいことから、冷たいタオルを使いたいでしょう。

しかし、温めることで血行促進やリラックス効果が上がり、目の疲れにも効果が現れます。

首や肩を温めるとさらに効果的です。

目の疲れをとる方法【日常生活編】

マッサージだけではなく、日常生活で気をつけるとさらに効果的なことがあります。

姿勢や照明環境のチェック

私も頭の片隅に入れているのが「姿勢」です。

猫背にならないように注意しています。

椅子に深く腰掛け背筋を伸ばし、さらに足の裏をしっかり地面につくと腰や首、肩に負担がかかりにくくなります。

また、パソコン作業ではディスプレイから40〜50cm以上は離れるようにしましょう。

画面に近づくと自然に猫背になります。

ディスプレイやパソコン周辺の明るさは画面の明るさよりも少し明るいくらいが適切です。

あまりにも明るすぎると目への刺激が多くなります。

モニターの設定を変える

パソコンを長時間使う肩であれば、ディスプレイ(モニター)の設定を変えるのも効果的です。

例えば、チラつきを抑えたりブルーライトを抑えたりする機能があれば設定しましょう。

もし、様々な設定ができないようであればモニターの買い替えも検討してみましょう。

なかには疲れ目に特化したモニターも販売されています。「FlexScan EV」シリーズは様々な設定が可能です。

一般的なモニターと比較すると高額になりますが、チラつきやブルーライトに関する設定が可能です。

そのほかにも、ディスプレイを見る姿勢や休息時間を知らせるタイマー機能などがあります。

生活習慣の改善

自分で記事を書きながら耳が痛い内容です…。

目の疲れを取るには生活習慣も関係があります。

特に寝る前のスマートフォンやPC画面の閲覧です。

やはり、ブルーライトの影響を考えると控えるべきです。

睡眠時間の確保も目の疲れを取るには有効です。

忙しさのあまり、十分な睡眠ができないとどうしても目や体の疲れは抜けにくいものです。

私は寝る直前までパソコンを使った作業をすることが少なくありません。

心がけているのは、寝る前に部屋を暗くしてテレビを消した状態でしばらくリラックスすることです。

少しでも目や体を休めてから布団にはいるようにしています。

休日は温泉やハイキングでリフレッシュ

日常的なケア以外でも休日の過ごし方もポイントです。

適度な運動や温泉、ハイキングは体を温めます。

それが血行促進位つながり、疲れ目の改善にも役立ちます。足

湯にのんびりと浸かるだけでも効果はあるでしょう。

また、いろんなところに出歩くことで気分のリフレッシュになり疲れも取れやすくなります。

休日は心身の休息に時間を使いましょう。

いろんなことを試して目の疲れをとろう

パソコンやスマートフォン、タブレット端末を日常的に使う現代人は目の疲れがつきものです。

放っておくと全身の不調につながります。

手軽にできるマッサージや効果的なアイテム、休日の過ごし方など様々な面で対策をしてみましょう。

関連記事

  1. おうち時間で体力づくり!運動不足を解消して元気に過ごそう!
  2. サウナに入ってダイエットをしよう!おすすめのサウナの入り方!
  3. メディプラス 紹介 メディプラスゲルの効果は?メリットとデメリット、購入方法の紹介!…
  4. レシピ 夏メニューの和食で悩んだらこのレシピ!夏に食べたいおすすめメニュ…
  5. メンタル 弱さ 克服 メンタルの弱さを克服する方法とは?私が行っていることも紹介します…
  6. 体力づくり用のシューズやダンベル 30代からの体力づくりの方法とは?思い立ったら行動しよう!
  7. 女性 ウエスト 脂肪燃焼に役立つ成分は何?厳選5成分と効果的な摂取方法!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP